社会保険労務士・行政書士事務所 経営・労務コンサルタント 総務・経理・給料計算のアウトソーシング

有料相談
労働者有料相談

岡西労務管理センターグループ

グループの概要とご案内
詳しくはこちら→

社会保険労務士とは

労働・労務問題を解決するエキスパート
詳しくはこちら→

行政書士とは

様々な行政の許認可書面を作成するエキスパート
詳しくはこちら→

労働保険事務組合のご案内

事業主の労災加入や保険料の分割が可能です
詳しくはこちら→

当所に併設する労働保険事務組合

近畿圏の中小企業様を対象としています
詳しくはこちら→

顧問先様専用

※要ID・パスワード
詳しくはこちら→

メールマガジン

メールマガジンを配信しています。
ご希望はこちら→

報酬・費用について

一例として挙げております
詳しくはこちら→

お問い合わせはこちらから

詳しくはこちら→

労働・社会保険事務代行

~煩雑な事務手続きは電話1本ですっきり丸投げ~

 従業員の入退社・扶養家族の申請・労災給付の申請等々、書類の作成・行政への提出の事務コストは馬鹿になりません。  今でも御社では貴重な人材にそのような事務を遂行させているのですか?給料を払ってもっと会社の売り上げに貢献する部署に人材を振り分けるべきではありませんか?

私共は、これら労働・社会保険事務の書類作成・提出代行・日々の管理の一切を企業様からお請けして、事務コストの低減をご提案しております。

 これら、労働・社会保険事務の書類作成代行および行政への提出代行は、法律により業として行う場合は社会保険労務士以外の者はできないことになっております。 労働・社会保険事務の中で、普段あまり意識されないのが労災に関する手続きです。

 従業員の入退社手続きは、恒常的に発生する事務でもあり、多くの企業様では日常的に行われていますが、労災の手続となると、日頃ご経験がないだけに戸惑うケースが見受けられます。

仕事中または通勤途上の疾病や怪我により、病院に出す書類・休業補償の請求・障害が残った場合の認定・不幸にしてお亡くなりになられた場合の補償等、手続もさることながら、大きな事故の場合は、事故の報告のみならず、警察や労働基準監督署の臨検を受けることもあります。

 これらも含めて、適切に対応しなければ、後々に禍根を残すことにもなりかねません。私共は、そこまでを含めてお世話させて頂いております。

事務風景

 事務コストの削減とリスクマネジメントの観点から、労働社会保険事務の事務代行(アウトソーシング)をご提案します。

サービスメニューへ戻る